「介護福祉士」を取得するには

「介護福祉士」を取得するための方法の2つのパターンの説明。


「介護福祉士」を目指そう!そう決めた現在の貴方は学生ですか?それとも社会人ですか?

「介護福祉士」になるには・・・。

① 介護福祉士の資格を取得できる学校へ通い卒業と同時に資格を取得する。
② 3年以上の介護職員の経験を積み「介護福祉士」への受験の資格が得る。

現在はこの2つのパターンだと思います。

時間を費やして学校へ通えるのならば、卒業と同時に資格を取得できる学校へ行くことをお勧めします。
その方が期間も短いですしね。
けれど、そんなに時間にもお金にも余裕ものない方は、少し遠回りですが、まずはヘルパー(2級)の資格を取得し、3年以上きっちり、介護の仕事に携わりましょう。
「介護福祉士」を取得する為の受験資格がここでやっと得られます。
しかし、3年間、介護職に携わったという証明が必要となります。
3年・・・と大雑把に言いましたが、実際は細かい条件があるようです。
http://www.sssc.or.jp/shiken/index.html 

数年後には「介護福祉士」ではないと、介護の仕事は出来ないという噂があります。
ヘルパーの資格そのものが消失してしまうかもしれません。
けれど、「介護福祉士」を受験するための、何らかの対応はしてくれるはずだと思います。

深刻化する高齢社会のニーズに応えるためにも、最も重要となってくるこの資格。
あなたの「働きたい」というその気持ちが、明るい未来に繋がっていくのではないかと思います。