リフレッシュは大切

介護職はストレスが溜まる安のでリフレッシュが大切


どれだけお年寄りが好きだと言っても
どれだけ人と接するのが好きだと言っても

人間関係にストレスはつきものです。


介護職というのは、体力仕事だけではなく、日々時間に追われ忙しく
そのクセ給料もあまり良くないというのが現実。

不満やストレスが溜まるのは・・・・・当然?
と、正直、思ってしまいます。


私は、働きはじめた頃は家に帰っても仕事のことばかり考えていました。

「あれ?あの人、なんて名前だっけ??」
「今日の移乗の仕方は、ちょっと失敗だったな」
「今日の○○さん、ちょっと元気なかったなぁ」

勿論、考えることが悪いとは言いません。
その日の仕事を自分で振り返り、反省点を明日の仕事にプラスに変えていくのは
素晴らしいことだと思います。

けれど、考えることによってストレスが溜まるのであればそれはよくないことです。

ちゃんと、オンとオフの切り替えを出来る自分になりましょう。
それは、どんな職場で働いても共通して言えることだと思います。

自分なりのリフレッシュの術を持っておくべきですね。
散歩でも映画でもお酒でも。寝ることでも。

笑顔でいるべき介護の職場で、ストレスでいっぱいいっぱいになった暗い表情はNGですからね。


毎日、疲れた心にリセットボタンを押して、爽やかな気持ちで働きたくないですか?
だって、体力を使う分だけ心が晴れてないと、力なんて出ませんから。