介護施設 利用者の入浴拒否

入浴拒否をされる利用者さんもいます。


「お風呂は嫌や!」

何度お風呂に誘っても、かたくなに拒否される利用者さんがいます。

お風呂に、1ヶ月以上も入っていなかった女性の利用者さんのお話。

ベッドの周囲には、フケが落ちて散らばっており、とてもお世辞でも「清潔」とは言いがたい状態した。
「お風呂に行きませんか?」「頭を洗ったら気持ち良いと思いますよ?」
「今日は寒いので、体を温めませんか?」・・・・・色々と誘い方に工夫をしても、完全に拒否でした。

正直、新人だった私は凹みまくりでした。けれど、誘う相手が私ではなくても入浴をすることはなく、
一ヶ月前までは入浴していたのに、何故、急に拒否をはじめたのか他の介護者も理由が解からなく、
途方に暮れてしまいました。

ある日、施設に美容師さんが来て、利用者さんの髪の毛をカットしてくれたり、顔や髭を剃ってくれたりしていました。
お風呂を拒否している利用者さんは、髪の毛をカットしたらお風呂の時間だったのです。

いつも、かたくなに拒否されるので、先にお風呂の準備をして髪をカットしてもらっている場所まで迎えに行き、
「髪の毛がさっぱりしたところで、体もさっぱりしにいきましょうよ」と誘うと、「そうねぇ・・・・」と、
穏やかな表情を見せて、入浴に同意してくれました。

彼女の気持ちにどんな変化が産まれたのかは正直解かりません。
実際、それからまた1ヶ月、入浴は拒否されてしまったので。

ただ言えることは、利用者さんの清潔の為にも「諦めずに誘う」ということです。
拒否されても凹まず、声を掛け続ければ、笑顔で対応してくれる日がきっと、来ます。