ゴシゴシ洗う方が・・・?

介護での洗身・洗髪の力加減の説明


おそらく、他人の頭を洗うとき、他人の身体を洗うとき
自然と自分でやるときの力加減よりも、柔らかめにしていると思います。

お年寄りの皮膚は、ちょっとしたことで剥がれてしまいますから
とても気を使って洗わなくてはいけません。

けれど、「もっと強くやって~!!!!」

という利用者さんも、結構いるのですよ。

施設ではお風呂は週に2回が基本でした。

もし貴方が風邪をひき、2日寝込んで3日目に復活したら
1番最初に・・・・お風呂に入りたくないですか?
人間の身体は気づかぬうちに汚れをためるものです。


私は、利用者さんの頭を洗うときは、割と力加減を強めにしていました。
そうすると物凄く喜ばれるからです。

「柔らかくやられると逆に気持ち悪い」

という利用者さんは全体の8割はいたと思います。


そういや自分が美容室で先髪されるときも、あまりにも柔らかくされると
汚れが落ちた気がしないし、気持ち悪いし、イラっときたのを覚えています。


洗身・洗髪時は、「力加減はどうですか~?」など質問しながら
その利用者さんの希望に合ったやり方でやるのが1番いいですね。

解からないことは、利用者さんに学ぶ。
この姿勢は大切です。