介護職で1番最初にする仕事

介護の仕事で1番はじめにすることは利用者さんの名前を覚えること。


福祉施設などで働き出したら、まずは人の名前を覚えましょう。

それは、一緒に働く同僚の名前もそうですが
大切なのは利用者さんの名前。

同じ「おはようございます」でも
ただ「おようございます」よりも、「○○さんおはようございます」の方が
言われる本人も気持ちいいし、自分に言われたと理解すれば
自然と返事も返って来ますからね。

そこで生活している利用者さんが多ければ多いほど
名前を覚えるのは大変だし、苦労するかと思いますが。


私が働いていた施設は35人程度の利用者さんでした。

けれど、若い頃と違ってやはり記憶力は低下しています(苦笑)
簡単に覚えることは無理だと考えました。

そもそも、人の名前を覚えるということ自体が大の苦手だし
覚えたところで顔と名前が一致しなけりゃ意味がない。

1人1人の名前突きの写真があればなぁ・・・などと思っていましたが
そんなのは当然無理なんで

自分のメモ用のノートに利用者さんの名前を似顔絵つきで記入。
Aさんだったら、髪が長く顔にホクロがあったので、その似顔絵を。
Bさんだったら、ちょっと太めで顔がツヤツヤしてたので、その似顔絵を。

絶対に他の人には・・・まして本人さんには見せられないようなノートでしたが
これが結構、活用しましてね。

「もう覚えてくれたのかい?」と喜んで貰えたんですよ。

早く仲良くなりたい。早く上達したい。その気持ちは解かります。
けれど、介護は段階を踏まないとダメな仕事です。


自分の覚えやすいやり方で、早く利用者さんの顔と名前を覚えましょうね。