挫折しそうになるとき

どんな仕事をしても、「もう辞めたい」「私には向いてない」「正直、しんどいなぁ」 ...


どんな仕事をしても、「もう辞めたい」「私には向いてない」「正直、しんどいなぁ」
など、挫折しそうになることがあるかと思います。

辞めたいけれど辞められないし、働くしかないわ・・・。
そんなときに折れそうな気持ちをどうやって乗り越えるべきか。

私にも挫折しそうなことは何度もありました。
移乗がうまく出来ない。体がしんどい。利用者さんが苦手だ・・・・。
色々な思いを抱きながら仕事をしてきました。

けれど、誰もが似たような気持ちを抱えているか、それを乗り越えて働いています。

なので、挫折しそうなときは、「同じ職場の人と話す」ことが必要です。

何も知らない友達に愚痴を吐くだけでは、その場ではスッキリしたとしても、
やはり仕事に来るとまたしんどくなる・・・。そしてまた友達に愚痴をこぼす・・・の繰り返しですから。

介護というのは、たった1人で仕事をしている訳ではありません。
従業員と利用者さんが協力して、成り立つものですから。

たくさんの仕事の中であえて「介護」を選んだ人達ですから、
もしあなたが何か困ったときに、手を差し伸べない方はいないのではないかと思います。

まぁ・・・例外もあるでしょうけれど。苦笑 

それでも、やはり仕事に行き詰ったときには、その気持ちを「理解出来る人」に話す方が
解決策は見つかるはずです。私も頼れる先輩に話すことでだいぶ救われました。

挫折しそうになるときこそ、前に進むチャンスかもしれません。