介護現場の人手不足

介護の現場では人手不足のところが多いのです。


介護職。
ヘルパーや介護福祉士の資格を持っている方はたくさんいるはずなのに、
その資格を生かさず、全く別の職種で働いている方もいれば、働きはじめてもすぐに辞めてしまう方もいるかと思います。

「人手不足」とは、どこの施設でもよく聞く言葉です。

なので介護者1人1人の負担が重くなってしまうのは、どうしても仕方ないことなのかもしれません。
けれど、利用者さんによっては、1人介助がどうしても難しい方がいます。
人手不足なので、1人に2人の介護者を付けている時間はない・・・。ということもあるでしょう。

しかし、利用者さんの「安全」が何よりも優先。
「時間がない」とか、「忙しい」とか言ってる場合じゃないのです。

それでも、どうしてもバタバタと忙しく、1人で介助をしなければならないときもあります。
正直、私はそれが怖くて仕方ありませんでした。

入浴介助でのこと。
殆ど立位が保てない利用者さんの、下の服を脱がせるのは本当に困難だったし、
特にお尻を洗うときは利用者さんが椅子から滑ってしまう危険性もあり、
「なんでこんな危険なことさせるの!?」という憤りを何度も感じたことがありました。

「何か」が起こっては遅いのです。介護職というのは人の命をお預かりするものなのですから・・・。

もっと、介護する側も、利用者側も、「安全・安心」であるべきであり、そういう現場作りのためにも
もっと社会が出来ることはあるのではないかと思うんですけれどもね。